2015年6月23日火曜日

【公演情報】饗宴ロウドクシャ―生け贄夜話―

饗宴ロウドクシャ 五感のアステカ

朗読者 in KAWAGUCHIが川口を飛び出して、本の街・神保町へ進出―
新たな朗読者企画『饗宴ロウドクシャ』が始まります!

今度の朗読者は、 
朗読×音楽×美術……×文化!

文学・音楽・美術を体感する朗読者公演を軸に、作品世界の背景である歴史文化まで堪能できる 宴をご用意。

第一弾はフリオ・コルタサル「夜、あおむけにされて」。作品の舞台、アステカ文化へ迫る夜を お届けします。

『この作品の夜の世界に描かれているのは、好戦的で血に飢えたアステカ族。
血にまみれた生け贄の歴史を持ちながらも、繊細な美術と天文学の技術を持った謎多き古代文明を創り、滅びていった民族である。
一体、彼らの何が私たちを恐れさせ、魅了するのか―
フリオ・コルタサルのイメージしたアステカと、その文化を想像させる空間に浸る』

朗読者公演に加え、アステカ文化のレクチャーあり、アステカ食文化の提供あり。
※アステカ戦士の力の源であったスーパーフード「チアシード」をふんだんに使った、アステカ―メキシコ料理もお楽しみいただけます。もちろんお酒も!!

朗読、音楽、美術あり、そして文化あり!
観て感じて食べて飲んで知って、そして体感する、盛りだくさんの刺激的な一夜。

さあ、五感を開け!!!

饗宴ロウドクシャ 五感のアステカ





【日時】2015年7月9日(木)
    open 19:00 start 19:30 close 22:00

【会場】EDITORY神保町2F:東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル
    ※地図詳細はこちら

【料金】¥3000 (朗読者公演チケットと1drink、Bar time chargeを含む)

【ご予約・お申込み】
◆Peatix http://peatix.com/event/97354/view
 ※クレジットカート決済、またはコンビニ決済をご利用いただけます。

◆お申込みフォーム→https://docs.google.com/forms/d/1hRrmLNiuB8hx52I6vy1NREfp6ItIxW1FGeIEtuxFV6E/viewform
 ※当日現金払いとなります。


【出演者・スタッフ】
奈佐健臣:俳優
河崎純:音楽家
北川原梓:時空演出家
水谷冬妃:案内人

【スーパーフード提供】
水野志音:美体造形家・スーパーフードマイスター

【タイムテーブル】
19:30 開宴 
    フリオ・コルタサル「夜、あおむけにされて」
      出演/奈佐健臣、河崎純(コントラバス) 
      演出・美術/北川原梓

20:10 Bar time※お食事・追加のお飲み物はキャッシュオンとさせて頂きます
    スーパーフード“チアシード”×メキシコ料理:生け贄プレートご提供
      スーパーフードマイスター/水野志音
※スーパーフードとは、栄養バランスに優れ、一般の食品よりビタミン、ミネラル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、近年 注目の食品郡です。

20:45 アステカを知る※約20分を予定
      案内人/水谷冬妃

22:00 終宴


☆作品について
「 夜、あおむけにされて 」
著:フリオ・コルタサル
※1914年- 1984年。アルゼンチンの幻想文学作家であり、短編の名手。

(あらすじ)
ある朝バイク事故を起した“彼”。
“彼は”運び込まれた病院のベッドの上、生臭い悪夢に苛まれる。
眠りと覚醒、夢と現実を行き来する内に辿り着いた“彼”の未来とは……。
コルタサルの代表的テーマである、タブーの侵犯と其処から産まれる悪夢、夢と現実の錯綜を鮮やかに描き出した作品。1956年発表。


お問い合わせ先:info@editory.jp
※本イベントにつきましては、朗読者 in KAWAGUCHI実行委員会ではなく、EDITORY神保町にご連絡いただけますよう、お願い申し上げます。

朗読者 FB頁 https://www.facebook.com/roudokusha
EDITORY http://www.editory.jp/