2017年6月28日水曜日

ぬらりとした所以

2017年7月2日

泉鏡花「夜釣」、初出時の表題は「鰻」でした。
「夜釣」は所々改訂されいます。読み比べてみると、「夜釣」のほうがよっぽど怖い。 今も「鰻」を読み返してみました。が、不安な情景描写と、主人公の女房の不安心の募っていく様が、「夜釣」のほうがよっぽど怖い。 それに「夜釣」は、『これは、大工、大勝のおかみさんから聞いた話である。』と、いかにも百物語めいた始まりになっているのです。もしかしたら、鏡花はいつかの[怪談会]で話したのかもしれません。「夜釣」を語りたくなった所以です。


泉鏡花「星あかり」/旧田中家住宅



▼奈佐健臣『佇む朗読者日記』過去のまとめ▼
https://roudokusha.blogspot.jp/p/blog-page_19.html